1. 雨漏り修理の新光商事 HOME
  2. コンテンツ
  3. アスファルトシングルは屋根の修理しやすさだけじゃないんです

アスファルトシングルは屋根の修理しやすさだけじゃないんです

アスファルトシングルは屋根の修理しやすさだけじゃないんです

 

洋風の建物の屋根によく使われている

「アスファルトシングル」

という屋根材があります。

アスファルトシングルは、

ガラス繊維にアスファルトをコーティングし、スレート砂や彩色焼成砂を圧着して作られる素材です。

その歴史は古く、100年以上も前に北米で考案され、現在北米の多くの建物に使われています。

最近では日本でも、集合住宅や商業施設、一般住宅の新築の屋根材に選ばれる事が増えてきています😃

 

 

アスファルトシングルは、

デザイン性に優れ、必要に応じて工事が選択でき、施工を行いやすい

という特徴がまずあります。

例えば新築の建物では、下地、勾配、内樋、斜壁などに対応した仕様を選定でき、断熱材の有無、屋根材種類と葺き方の選択が可能なのです。

またアスファルトシングルは薄くて軽いため、ハサミやカッターでも切断ができ、施工の際にも取り扱いがしやすく、

ノン・アスベストで環境にもやさしい素材になっています🌏

 

次に建物を守る機能性や防水性能の高さにも特徴があります。

例えば、

自然環境から建物を守る耐候性、

中から外へ、外から中へ熱を通さない断熱・遮熱性、

付着する汚れから屋根を守る防汚性、

風による正圧力・負圧力に耐える耐風圧性、

ひび割れや地震にも強い耐震性、

火災時の飛び火から建物を守る防火認定、

など多くの性質があるのです。

 

加えて、素材や建物環境によって変わるところではありますが、耐用年数も10年以上あるため、

施工後は定期的に点検を行いながらメンテナンスをすることで、長期間建物の保護を担ってくれます👆

 

 

しかしアスファルトシングルは、

表面の石粒がはがれやすくなる、

大きな気温変化によってコケやカビが発生する、

瓦屋根や金属屋根に比べて耐久性が劣る、

建物状況によって劣化が早くなる、

などの短所もあるので、施工にあたっては十分な検討も必要になります

また、屋根の勾配やその建物の立地場所、住宅環境、その他条件によって施工できないケースがありますので、気になる方は一度専門業者に聞いてみるのがおすすめです

 

 

現在弊社では、雨漏りトラブル無料診断を行っておりますで、あなたが抱えている建物の不安やお悩みをぜひお気軽にご相談ください!