1. 雨漏り修理の新光商事 HOME
  2. コンテンツ
  3. 断熱と遮熱の違いやそれぞれの効果から、安全なお家を考えよう!

断熱と遮熱の違いやそれぞれの効果から、安全なお家を考えよう!

断熱と遮熱の違いやそれぞれの効果から、安全なお家を考えよう!

 

防水工事ももちろん、内装工事や外壁工事など、建物の工事をする際に、

「断熱」「遮熱」をどうするのかという話題が上がります📝

 

工事の際に、断熱材を使用したり遮熱効果のある塗料を塗ったりして建物を、そして住む人が快適に過ごせるように守るのが、断熱や遮熱の目的です。

 

そもそも断熱は、熱を断つという文字のように、熱が伝わるのを抑制するという効果を、

遮熱は、熱を遮るという文字のように、熱エネルギーとなる光を反射して温度上昇を防ぐという効果を、それぞれ得るために行われます✨

 

言葉でなんとなくイメージはできる!というものですが、実際建物での断熱、遮熱はどんな効果がみられるかご存知でしょうか?🤔

 

工事で行われる例も交えて解説していきます😤

 

 

 

マンションもアパートも戸建ても、建物は自然から守るために防水層が作られています。

 

しかし防水層だけでは、

・外からの熱が入りやすく中の熱が逃げやすい

・太陽の熱や日の光がダイレクトに当たって経年劣化が早くなる

という問題があります😨

 

そこでそれらの問題を解決するために、+断熱や+遮熱の工事が行われます。

 

それぞれの組み合わせとしては、以下の特徴があります👆

 

防水断熱

断熱材を入れてある箇所での、内外の熱の行き来が制限されるため、外気温の影響が少なく、室内の冷暖房の熱が流出するのを防ぎます。

建物内では夏も冬も比較的快適に過ごせるメリットがありますが、輻射熱の熱劣化によって防水層の寿命が短くなるというデメリットがあります。

 

防水遮熱

遮熱効果のある高反射塗料で防水層をコーティングすることで、太陽光を反射して、輻射熱の熱劣化を抑えます。

防水層を長く守ることができ、夏の強い日差しを反射するので建物内では比較的快適に過ごせるメリットがありますが、室内の熱の流出や冬の時期の日差しの温もりを受け取りにくいというデメリットがあります。

 

防水断熱遮熱

断熱効果と遮熱効果のある資材を用いることで、双方の弱点を補うことができます。

太陽光を反射して防水層を守り、内外の熱の行き来を抑えて、建物内で四季を通して快適に、しかも省エネで過ごせるというメリットがありますが、他より施工費用が大きくなり、工期または次回改修時の手間も増えるというデメリットがあります。

 

 

 

最近よく声が挙げられている、地球環境にやさしく、また住む人が心地よく過ごせるという面では、断熱、遮熱の機能がある家というのはまさに適っているかもしれませんね🌏

 

しかし建物工事には、費用ももちろん何より「安全」が重要になってきますので、「改修工事するならうちは断熱、遮熱の工事もできるのかな・・・」と思われましたら、ぜひ一度専門業者にお問い合わせください😏

 

 

現在弊社では、建物トラブル無料診断を行っておりますで、あなたが抱えている建物の不安やお悩みをぜひお気軽にご相談ください!